3Dデータ作成、加工のお悩み解決致します。

既存の温熱器具の性能を格段にアップさせる為の改造パーツの製作のお手伝いをさせて頂きました。

一番右が既存の温熱器具(電装品は外しています。)、中央が追加改造パーツとなる温熱体、一番左がこの温熱体を既存の温熱器具へと取り付ける為の温熱体カバーでず。これらを組合せます

追加改造パーツの温熱体です。熱をかけると輻射熱を効率良く出すらしいのですが、そのあたりは良くわかりません。今回はこのパーツの形状が問題の発端でした。既存の温熱器具に合わせて、プレス金型を製作されていたようですが、3Dデータや2Dの図面を使用せず、現場の職人さんが既存の温熱器具にあわせ、目検討で製作されたようです。

また、リテイクの度に違う形状の物が出てきており、お客様で温熱体カバーの設計に途方に暮れておりました。図面を書きたくても寸法が追えないとのこで、弊社に温熱体の3Dスキャンと温熱体カバーの3Dデータ作成、設計の依頼が来ました。

最終的に出来上がった温熱体カバーです。上の温熱体と既存の温熱器具を3Dスキャン。そのスキャンデータからこの温熱体カバーに接触する部分を抽出し、設計、3Dデータの作成を行いました。このデータをお客様に提出。お客様でこのカバーの樹脂用金型を起こされました。

実際の作業データです。3Dスキャニング後、各部品の位置合せをしています。

その後、リバースエンジニアリングでCAD面を作成、最終的に必要な温熱体カバーの3Dデータを作成しました。

この様に3Dスキャナーを用いることにより、途中アバウトな物が出来たとしても対応出来ます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です