3Dデータ作成、加工のお悩み解決致します。

3Dリバースエンジニアリングによって出来る面は2種類あります。

①パッチ面

spScan-ポリゴン_CAD_パッチ面

スキャンデータを適当に四角い格子で区切り、その区切った範囲で面を作成する方法です。

格安、短納期で納められる方法でずが、フィレットの変更、正確な面のオフセット等出来ず設計変更等2次的な利用がしずらいです。

 

②CADライクな面

spScan-ポリゴン_CAD同等構成面

面の境界を通常のCADと同じ様に作成し、面を作成する方法です。

納期は多少頂くことになりますが、フィレットの変更、面のオフセット等が出来、設計変更等2次的な利用がしやすいです。

 

お客様の要望に合わせ、’パッチ面’ か ‘CADライクな面’でお作り致します。

参考にして頂ければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です