3Dデータ作成、加工のお悩み解決致します。

早速、弊社取扱3Dスキャナーのフラッグシップモデル COMET6について精度の問合せを頂きました。

解像度と精度を一緒にされているお客様が多いので、ここで簡単に説明します。

 

①解像度

解像度はスキャナーのカメラの解像度で、撮影した点と点の間の距離になります。

COMET6は最小で0.016mmです。高解像度ですね。

 

②精度

一方、精度は撮影した点と実物との距離です。

形状によりまちまちと言うしかないのですが、単純な形状ほど精度が高く、複雑な形状ほど精度が低くなる傾向があります。

詳しい理由は後日のコラムに載せますが、概ね1/100mm代で収まることが多いです。

単純な形状なら高い場合で1/1000mm代も出ることもあります。

精度保障の為、精度補正(キャリブレーション)は常に行っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です